"平和の原点"を見つめ、この地球から核と戦争をなくしましょう。
このサイトは、埼玉県坂戸市で毎年行われる「ヒロシマ市民の描いた原爆絵画展」の記録を掲載しています。

原爆絵画展 坂戸・鶴ヶ島地区実行委員会

「原爆絵画展」とは・・・

広島の被爆者小林岩吉さんが、1945年8月6日の惨状を描いた1枚の絵をNHK広島放送局に持ってこられました。1974年のことです。これを機に、市民の手で原爆の絵を残す運動が始まりました。
原爆絵画
原爆絵画展坂戸・鶴ヶ島地区実行委員会は、その一部をお借りし、広島市・長崎市、県、市・教育委員会、新聞・TV各社の後援を受け、1993年より、毎年、原爆絵画展を開催しています。
このサイトは、「原爆絵画展報告集」を掲載するものです。

お知らせ

現在、お知らせはありません。

報道紹介

当会の取り組みを報道紹介いただきました。
2009原爆絵画展代表団広島訪問報告
2009年2月7日、8日、原爆絵画展・埼玉県坂戸・鶴ヶ島地区実行委員会は、広島を訪問しました。
訪問レポートを掲載します。

後援団体

原爆絵画展の開催には、以下の自治体、報道各社の後援をいただいています。
広島市・長崎市・埼玉県・坂戸市・鶴ヶ島市
埼玉県教育委員会・坂戸市教育委員会・鶴ヶ島市教育委員会
丸木美術館・NHKさいたま放送局・テレビ埼玉・FM-NACK5
埼玉新聞・朝日新聞さいたま総局・毎日新聞さいたま支局
読売新聞さいたま支局・東京新聞さいたま支局

原爆絵画展実行委員会へのお問い合わせ
kaigaten2968@sakado-gr.org

その他の取組み

当会では、絵画展開催に加え、以下の運動に取り組んでいます。
被爆アオギリ植樹運動
2001年より被爆アオギリの植樹運動を行っています。
被爆アオギリ植樹運動について
※被爆アオギリの植樹運動について、新聞に紹介されました。
埼玉新聞
被爆体験記の発行
2002年に、冊子「ヒロシマ被爆体験記」を発行しました。
被爆体験記はウェブで全文お読みいただけます。
被爆体験記ウェブ版
戦争体験記の発行
第1集の発行
2005年に、冊子「平和のための戦争体験記」第1集を発行しました。
戦争体験記第1集はウェブで全文お読みいただけます。
戦争体験記ウェブ版
※戦争体験記発行について、新聞に紹介されました。
朝日新聞   毎日新聞
※冊子をご希望の方はご連絡ください。1冊500円でお分けいたします。
第2集の発行
2010年に、冊子「平和のための戦争体験記」第2集を発行しました。
戦争体験記 第2集の表紙写真
※戦争体験記 第2集の発行について、新聞に紹介されました。
埼玉新聞   朝日新聞
※ご希望の方はご連絡ください。1冊500円でお分けいたします。
第3集の発行
2015年に、冊子「平和のための戦争体験記」第3集を発行しました。
戦争体験記 第3集の表紙写真
※戦争体験記 第3集の発行について、新聞に紹介されました。
埼玉新聞
※ご希望の方はご連絡ください。1冊700円でお分けいたします。